RENA
    INOUE

    • 井上 怜奈
    • 2017入社
    • 栃木県出身。大学進学時に上京。不動産業界には興味がなかったものの、トウキョウ運河の社風に惹かれて入社。普通の会社のサラリーマンとは違う自立した仕事に面白みを感じている。

INTERVIEW

  • 不動産業界は、
    ノーマークでした。

    正直、不動産業界にはいいイメージは一つもありませんでした。ノルマがきつそう。厳しそう。だから、トウキョウ運河の面接はびっくりしました。怖いどころか、話しやすい人ばかりだったからです。現在は、港区担当の営業として、毎日いろんな不動産業者さんを訪問しています。洗練された港区は歩くだけでも嬉しくなるような街。華やかな街並みにテンションもあがります。ちなみに、訪問先は賃貸物件を張り出しているような会社さんだけでなく、ビルの一室で個人でやられている会社もあったりと、ほんとうに様々。信頼していただき、いい物件情報をいただくことが、私のミッションです。

  • 同期がライバル。
    みんなが頑張っていると励みになる。

    同僚がライバルです。負けず嫌いなタイプではなかったけれど、みんなが頑張っているので刺激になっています。会社も若いし、自分も若い。不動産業者さんから取引相手として認めてもらうには、努力が必要です。でも、そこから信頼を勝ちとるプロセスは大きな醍醐味。最初はうまくいかなくてよく泣いていました。でも、最初に飛び込んだ時は冷たかった人が、お茶を出してくれるようになったり、映画の話をできるようになったり。一歩前に進めた瞬間、とても嬉しい気持ちになります。人生おいての大先輩ばかりなので、話を聞いてるだけで勉強になります。この前は、恋愛の話で盛り上がりました(笑)。

  • 頑張ったら頑張った分だけ、
    返ってくる仕事。

    将来のビジョンはまだありません。でも、バリバリ仕事できる女性になりたい。不動産業者は女性が少ない分、チャンスも大きい。頑張れば頑張った分だけ、給与などの評価につながるのもこの会社のいいところです。最近は、道筋をたてて仕事をすることの大切さを実感しています。状況に流されてばかりじゃ結果がでない。新人でも仕事を任せてもらえるからこそ、このように自分の課題や欠点に気づくことができます。宅建の勉強も仕事も合間にやっています。知識があれば業者さんともっと深い話ができるので頑張らないと。以前はそんなに積極的な人間ではなかったのですが、最近では「やってみたら何か変わるかも」と前向きに考えられるように。仕事を通じて自分が変わる。明日が楽しみになるような毎日がここにあります。

SCHOOL DAYS

  • トコトン話し合うことを学んだ
    テニスサークル。

    練習は週5日。テニスサークルを頑張っていました。幹部になると、一人ひとり考えていることが違うなかで、まとめることの難しさに直面。思い切ってぶつかって、納得いくまで話しあいました。毎日サークルのことばかり考えていたような気がします。引退の時、後輩たちが楽しかったって言ってくれて、涙が止まりませんでした。私にとって忘れられない思い出です。

FAVORITE

  • 出不精、卒業しました。

    ゲーム好きのインドア派です。大学時代は、授業とサークルとバイト以外は、外に出たくない家大好き人間でした。コンビニに行くのも母親に頼んでいたくらいです。ところが、トウキョウ運河で働きはじめて、外を歩いて、いろんな人に会う毎日になってから変わりました。アクティブに行動するのもいいものだなと。この仕事をしなかったら出会えない人がいる。味わうことのなかった刺激がある。最近は、同僚と飲みに行くことも好きです。酔っ払うと、泣く癖があるようです(笑) 。

TOKYO UNGA INSTAGRAM

    一覧に戻る

    OTHER MEMBER

    PAGE TOP