YUZI
    TSUTSUI

    • 筒井 ユウジ
    • 2017入社
    • 静岡出身。趣味はサッカー。ブラジルとのハーフなので、陽気で豪快なタイプだと思われがちだが、実は相手視点で考えることを大事にする日本的な営業スタイルが持ち味。

INTERVIEW

  • ハーフも、サッカー部も、
    全部ネタになる。

    初任給28万円。不動産は稼げそうだし、社員さんやオフィスの雰囲気もよさそう。実際に入社してみても、ギャップはありませんでした。不動産業者さんに飛び込んで、リレーションをつくっていく。見知らぬ会社に飛び込むので、なんとかして興味をもってもらわなければいけません。僕は日本とブラジルのハーフなのですが、僕の見た目を見て「ハーフなの?」とツッコンでもらえることが多い。出身は静岡で、ブラジルのハーフだと言うと、だいたい「サッカーうまいの?」って聞かれます。もちろん「うまいですよ!」と切り返す。サッカー好きな業者さんとは、サッカーの話で盛り上がります。ハーフも、サッカー部も、全部ネタになる。なかなか面白い仕事です。

  • おかげさまで、
    人見知り克服できました。

    僕はもともと人見知りでした。「え、ブラジルのハーフなのに?陽気じゃないの?」と驚かれるんですが、そこは日本人の血なんですかね。でも、この仕事をはじめたおかげで、自分の殻がやぶれるようになって、人に会うのが楽しくなってきたんです。不動産業者さんには、いろんな人がいる。いろんな人と会って話すと、いろんな価値観があることに気づく。僕は新卒なので、不動産のことも世の中のことも、まだまだ知らないことたくさんあるんだなと気付かされます。フランクな短パン姿で迎え入れてくれる人。僕の携帯番号をミドルネームで登録してくれてかわいがってくれる人。人に会うことで、自分の世界が広がっていくのを実感します。いつもよくしてくださるみなさんに貢献するためにも、宅建を取得したい。もっと勉強して、価値ある提案ができる人間になりたいと思っています。

  • ポリシーは、
    相手の視点で考えること。

    今の目標はとにかく不動産業者さんを回って、回って、回ること。正直、情報収集して契約をとるという目の前のことで精一杯です。でも、将来的には独立してでも仕事がまわせるくらいの人になりたい。僕はもともとは独立志向ではありませんでした。でも、環境に影響されたのか、意欲がムクムクと湧き出てきた。部下や後輩に指導できる力もつけたい。そのためには、まだまだ修行が必要です。営業をしていると、つい自分のメリットや都合ばかりを考えたくなりますが、一番大事なことは「相手の視点に立つ」ということだと思っています。業者さんにとってどういう形なら役にたてるか。とにかく相手中心で考えること。自分を華やかに売り込よりも、相手の声を聞いて引き出したい。最近は、不動産業者さんの社員みたいな動きを意識しています。お客様が喜びそうなこと、やってほしそうなことを、小さくてもいいので実践する。コツコツ積み重ねる。あれ、僕やっぱりブラジルっぽくないですね(笑)。

SCHOOL DAYS

  • サッカーやってました。
    今も週2でやってます。

    ポジションは決まっていませんでした。ボランチやミッドフィルダーをやることが多かったです。今も大学のサッカーサークルには、水曜日と土曜日に顔を出しています。サークルの仲間たちには、毎年誕生祝ってもらったりして、仲良くしています。自分ではあまりわからないのですが、後輩からは「ユウジさんは天然ですよね」と言われています。

FAVORITE

  • 日曜日は映画館でリフレッシュ。

    日曜日は映画を観に行くことも多いです。ジャンル問わず、いろんな映画を観ます。笑いたい気分の時は、コメディを観たり、刺激が欲しいなって時は、ハードボイルドなものを観たり。最近観て面白かったのは、ヒュー・ジャックマン主演の『LOGAN/ローガン』。映画が一週間のリフレッシュになっています。

TOKYO UNGA INSTAGRAM

    一覧に戻る

    OTHER MEMBER

    PAGE TOP