DAIKI
    KATO

    • 加藤 大輝
    • 2017入社
    • 神奈川県出身。学生時代にバンドでCDデビューした経験を持つ。趣味も仕事も夢中になったら何事も全力主義。一度手をつけると止まらなくなってしまうので、あふれる好奇心を制御するのに苦労する日々。

INTERVIEW

  • 他社の内定を蹴ってまで、
    挑戦したくなった。

    他社からも内定をもらっていました。蹴ってまでトウキョウ運河に入社した理由は、面白そうなベンチャーであることと、1期生であること。実際にインターンシップで仕事を経験して、面白そうだというイメージは確信に変わった。不動産業者さんを開拓する方法も、個人に任されたフリースタイル。成果をあげる方法も十人十色。自分の持ち味を生かした営業ができる。他の誰でもない、僕だからできる。そんな面白さにハマりました。もともと一人でガツガツやるようなタイプでもなかったのですが、やればやるほど自信につながるんだという手応えも得て火がついた。場数を踏んで、自分がいかにできないということを痛感しながらも成長するプロセスは本当に面白いです。

  • 宝物を探す
    冒険のような毎日。

    不動産は情報戦です。貴重な情報をどう扱うのかが肝。いい情報をもらうために、東京23区の不動産業者さんを歩いて、関係性をつくっていく。それが僕らの仕事です。驚いたことは、一般の人が知らないところで、不動産情報が大量に扱われていること。トウキョウ運河が扱うのは未公開物件といって、ネットなどでオープンに公開されていない物件。たとえば、あの駅前の大きなビルが60億円の売り物であることなど、驚くような世界が広がっています。とにかく額が大きい。一発で巨額が動く。不動産業者さんを歩いて、物件を探す仕事は、宝物を探すような冒険のようでもあります。

  • チームを運営していく魅力。

    上司からは常に「頭を動かせ」と言われています。考えずテキトーな返答をするなと。確かに、ペラペラしゃべっても内容の薄い話だったら、そのうち誰も見向きしなくなる。質のいい話をできる人になりたい。チームをどう運営していくのかということも最近のテーマ。トウキョウ運河にはいくつかのチームがあるが、それぞれ色がある。うちのチームはとにかくメリハリがすごい。遊ぶ時は本気で遊んで、仕事の時は仕事に全力。基本的には個人プレーの仕事だけど、頑張っている個人が結束した時のチームのパワーはすごいなと実感しています。チームの飲み会も多いので、仕事と飲み会にとヘトヘトですが、妥協しないのが僕らチーム。今日も元気に全力投球しています。

SCHOOL DAYS

  • マネジメントを学んだ、
    繁盛店の店長代理。

    ラーメン屋で5年間アルバイトしました。1200万円を売り上げる町田の繁盛店。最後は店長代理になりました。材料の発注、開店準備、店の締め作業、骨から仕込むスープの準備、ほとんどの業務を経験。やりだすと止まらない習性があるので、アルバイトという立場をこえて全力投球。学校いって、バイトして、音楽活動もしていたので、24時間じゃ足りないくらいの忙しさでした。

FAVORITE

  • 作曲やレコーディングなど
    音楽活動やってます。

    学生時代、バンドをやっていました。事務所に入って、デビューして、全国ツアーを回ったことも。バンドをどう運営するのか、どうプロモーションするのかなど、すべて自分たちで考えて活動。時間の使い方やチームワークなど、当時の経験は今の仕事にも生きていると思います。作曲活動は今も続けています。友人と三人でプロジェクトを立ち上げて、休日は作曲やレコーディングの時間に。CDリリースしたり、ネット通信したりしています。与えられるよりも、自分で考えてつかみにいくことが面白いというのは、平日も休日も一緒です。

TOKYO UNGA INSTAGRAM

    一覧に戻る

    OTHER MEMBER

    PAGE TOP